ネタを前にも書いたかも…と思うときは?

a22489844778d641cacd3a8571782de3_s.jpg

はい!
こちらのブログをご覧いただき
ありがとうございます!



こちらのブログでは

「ブログ初心者さんのための
 ブログを書くためのコツ」

をお伝えしています。



あなたのブログ記事更新の際の
「どう書こう…」の
ヒントになれば幸いです(*^-^*)



今回のお題はこちらです!

  ↓  ↓  ↓


=============


このネタ…
前にも書いたかも…



=============





家でゆっくりする時間が
久しぶりにあったので、


ずーっと気になっていた
棚の整理をしました。




なんかこのところ
バタバタしていて
全く整理ができておらず、
棚が”超カオス”に
なっていたんですよね…




で、その”超カオス”な棚を
整理していたら…




買ってから
一度も読んでいない
本が出てきました…




しかも、



「こんなの買ったけ?」



と買ったときのことが
記憶の片隅にもない本です。




で、なぜ、
読んでないかわかるか?




私は、
本を買う時は何冊も
まとめ買いをします。




なので、
外で買うと重たくて
持って帰るのが億劫になるんです…
(;’∀’)




だから、
ついつい楽〇や
Ama〇onなどの
ネットストアで
購入することが多いんです。




…で、その例の本は
〇天のダンボールに



「到着時のビニールに
 丁寧に包まれた状態の姿」



で発見されました…




「どんだけ
 ほったらかしやねん!」
Σ(゚Д゚;)




とりあえず、
どんな本だろ~と
パラパラと
中身を読んだのですが



「ん~、この手の内容…
 どっかで読んだことある…」



「…っていうか、
 おんなじような内容の本
 何冊かもってるよね…」



挙句…



「コレ…買わなくても
 良かったんじゃ…(;’∀’)」



と思ってしまいました…




別に本の内容が
悪いわけではありません。




単純に自分が
同じような傾向の本
を買い続けるからです。




でも、
なぜ同じような本…
というか
「同じ内容の本」を
買ってしまうのか?




それは、
書き方や切り口が違うから
違う本にみえてしまうので
買ってしまうのです…




でも、
その切り口の違いのおかげで
ひとつの物事を
多方面から見ることができます。




例えば



「月は地球の衛星である」



「地球は月を
 衛星として持っている」



「月は地球の周りを
 まわっている天体です」



この3つは表現方法が違っても
どれも地球と月の関係を
正しく伝えています。




結局、
何かの理論や方法を伝える本は
書き方が違うだけで
”伝えたいこと”は一緒なわけです。




逆にこれが



「地球は月の衛星だ」



とか書いてあったら
そもそも切り口の違いどころか
大いに間違っているのですが…




つまり、別で例えるなら
リンゴが好きだと伝えるのに



「私はリンゴが好きです」でも



「I like Apple」でも



「私の人生、
 リンゴがないと
 生きていけない…」でも



どれでも良いわけです。




伝えたいことが一緒でも
切り口によって、
書き方によって、
違う文章になるわけです。




そして、その違いは



「私はリンゴが好きです」
という言葉で心に響く人。



「I like Apple」
という言葉で心に響く人。



「私の人生、
 リンゴがないと
 生きていけない…」
という言葉で心に響く人。



と、いろんなタイプの人がいます。




なので、
伝えたいことが一緒でも


切り口によって、
書き方によって、
違う文章にすることは




読む人のタイプによって
心に響く言葉が違い
理解しやすい言葉が違うので




より”伝えたいこと”が
伝わるようになります。




なので、世の中に
「同じような内容の本」
が存在するわけです。
(*’ω’*)




なので、もしあなたが
メルマガやブログの
記事を書くときに



「これと似たような内容、
 前にも書いたよな~」



と思っていても
前とは違う新たな
切り口、書き方であれば、




前にその内容に
響かなかった人も
今度は響く可能性があります。




なので、似たような内容でも
前とは違う新たな
切り口、書き方で記事を
書いてみてくださいね(^^♪



それでは、次回も
あなたのブログ記事作成に、
少しでもお役に立てる記事を
アップしていきますので、
楽しみにしていてくださいね♪

この記事へのコメント